熊本市を中心に合志市、玉名市、玉名郡、荒尾市、山鹿市、大津町、宇土市、菊池市、菊池郡のキッチン・洗面台・トイレ・お風呂浴室の水廻りリフォーム専門の工務店になります。キッチン、トイレ、浴室、洗面台ごとの専門知識をわかりやすく解説します。

熊本市水まわりリフォーム専門店 アクア工務店

明朗会計(追加料金は一切ありません)
②工事前にどんな職人が来るかわかる職人紹介システム
③工事後も安心のアフターサービス

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

リフォーム基礎知識


水まわりリフォームで、なぜ基礎知識を学ぶ必要があるのか?


キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ・洗濯置場など水まわりリフォームをする上で、基礎知識を身につけることは、なぜ必要なのか?
それは、水まわりリフォームを無計画でしてしまうと、3つの失敗が多いからです。

2次被害(水漏れ)が起こる

水まわりリフォームで1番怖いのが水漏れです。

天井や壁が濡れるだけでなく、家財道具も濡れる危険性があります。それだけでなく、水漏れすれば当然、補修工事が必要になります。無駄にお金や時間が使われることになり、それでは何の為にリフォーム工事をしたかわからなくなります。

家事導線や寸法を考えていなかったため、使いづらい内装になってしまった

リフォームは高額な買い物であるため、使いづらいという理由でリフォームをやり直すというわけにはいきません。
図面ではわからない圧迫感で出て、リフォームしたにもかかわらずストレスのかかる仕上がりになってしまったなど聞くこともあります。
こうならないためにも、工事前の打合せを入念にして疑問に思ったことは工事会社に質問して、細かい部分まで打合せすることが必要です。

無駄な費用がかかる

設備のグレードで工事費用は大きく変わってきます。
必要のない機能やオプション、大きさ、メーカーで大きく費用が変わってくるので比較をすることが大事になります。

その他にも、設備を交換する工事の際に、天井や壁、床の工事も必要になってくることがあります。ここでも本当に必要な工事なのかどうかを考え、工事内容を決めていくことで大幅な費用削減が可能になります。

リフォームの目的を明確化する


水まわりリフォームする1番多い理由は、設備の老朽化です。

例えば、老朽化が原因でシステムキッチンを交換する場合、スタンダードなシステムキッチンでいいでしょう。
その理由は、今のシステムキッチンはスタンダードクラスでも十分な機能内容になっているからです。ですが、工事業者と打合せしていく中で、どうせ交換するならハイグレードクラスに変えることを勧めてくることがよくあります。50万や100万円などの大きな買い物中で、5万や10万円上がるだけでハイグレードクラスに交換できるなら安いと錯覚します。

しかも、こういった理由でハイグレードクラスの機能を付けても使いこなしてないケースも多いですので、何のためにリフォームするのかを明確化しておきましょう。

水まわりリフォーム工事の流れを知る


キッチンリフォームの流れ


キッチンリフォームの流れ




ユニットバスリフォームの流れ


ユニットバスリフォームの流れ




トイレリフォームの流れ


トイレリフォームの流れ




洗面台リフォームの流れ


洗面台リフォームの流れ




水まわりリフォームは2次被害が発生しやすい


リフォーム業界で2次被害が多いのが、水まわりリフォームです。

なぜか?

給水管が破損した場合、水漏れし続けるからです。
天井や壁、柱などが濡れ、それらの補修工事までしなくてはならなくなります。

そうならないためには、施工実績豊富品質の問題ない業者にお願いする必要があります。
その他にも工事保証の付いてる業者かどうかも確認しておいた方がいいでしょう。

安さだけでリフォーム業者を選んではいけない


相場より安さだけを売りにした業者がいます。
安さでお客さんを集めています。このような手法の会社は、質の悪い工事が多いのでトラブルも多くアフターフォローもありません。おまけに追加工事も平気で請求してきます。

なので、安さだけで業者を選んではいけません。
ただ、高いからといって信用できるかといえば、それは違います。

優良業者は安すぎることはありませんが、高すぎることもありません。なので、あなた自身で相場感を身につける必要があります。

なので、3社ぐらいから相見積もりを取ることをオススメします。

設備だけ交換はできない場合がある


例えば、現状で1216サイズのユニットバスから1616サイズのユニットバスにサイズアップする場合は、脱衣室の部分に拡大するか、もしくは増築するか、など他の工事が必要になるからです。
契約前の打合せの段階から詳細に打合せをする必要があります。
※ちなみにこの場合は増築の方が金額は高くなります。

それと、リフォーム予算をしっかり決め、その予算内であなたと業者でしっかりと打合せすることをオススメします。

チラシや広告等を鵜呑みにしてはいけない


よくチラシや新聞などの広告欄にリフォームを進める広告など見かけますよね?
その広告によくあるのは、設備の価格だけ載せ、あたかもその価格で工事ができるように見せる広告の手法になります。

その他にも、気を付けたほうがいい広告手法を紹介します。

チラシなどの広告の価格は工事費含まれていない?

設備の価格だけ記載している広告は、あなたがイメージしているより工事金額は高くなります。
設備取付費やその他の工事費が含まれてないからです。
つまり、安く見せて見積りを依頼される状態までもっていく手法です。

一方で、きちんと概算工事費が記載されているチラシもありますので、チラシを見る際はよく見て連絡することをオススメします。

チラシなどに記載されている標準工事費とは?

こちらは、設備の価格だけでなく、下の方に小さく記載されているケースが多いです。 この標準工事費とは、対象の設備を工事する際に必ず必要になる工事のことです。
例えば、既存の設備の解体費、撤去費、新規設備の取付費、などです。

ただ気を付けないといけないのが、この標準工事費だけでおさまるケースが少ないのが現状です。

定価⇒〇〇%オフなどの広告のワナ?

定価100万円⇒70%オフ⇒30万円みたいな広告みたことありませんか?


しかも、『今月までの最終特価』みたいな打ち出し方してるところもあります。
このカラクリについて解説します。

定価とはメーカー(パナソニックなど)が打ち出している希望小売価格です。
ですが、実際はメーカーからリフォーム会社が仕入れるときは、仕入れ値が存在します。



これからわかるように、リフォーム会社は仕入れ値以下で売ることはありません。リフォーム会社の努力で安くなってるわけではなく、これが普通なのです。むしろ設備の価格にリフォーム会社が上乗せしてるのが普通です。なので、定価近い金額の場合はかなり上乗せして業者の儲けが多いことになります。

チラシを見て連絡しても実際の工事費用はどんどん高くなる?

これまで解説してきたとおり、チラシや広告を見て見積りを依頼しても工事費用は高くなる場合があります。
広告が悪いわけではありません。広告では、全てを伝えることができないのでしょうがない部分もあります。

このことを十分に理解し、リフォームする目的を考えてから依頼する必要があります。

わずか1分の簡単入力!!無料お見積り!!!

お問い合わせ・お見積りはこちら